旅館花屋について

旅館花屋は、築100年の呉服商の京町家を利用して1949年に創業しました。
私は現在三代目になりますが、この建物で生まれ育った影響で幼い頃から建築に興味を持ち、将来この建物を手入れして旅館を受け継ぎたいとの想いから建築家になりました。

かつては、映画関係や呉服関係のお客様も多く旅館も賑やかでした。
しかし、現在は観光目的のお客様が殆どで落ち着いた環境を望まれます。
日々のお客様との応対、掃除や暮らしの中で気づいたところに手を入れながら、何度かに分けて改修して参りました。
そして快適さを追及していくと一日二組様になりました。

 

2022年、もっとお客様に満足していただきたい…との想いから、更に改修いたしました。
一階、二階とも8畳二間続きのお部屋になり、ゆっくりおくつろぎいただけるかと存じます。
設えは昔ながらの本来の京町家へ戻しつつ、水廻りは新しく使いやすいものへ。
新たに二階専用のシャワールームも設けました。

 

いわゆる旅館というより、町家の良さを最大限感じていただきたいとの想いで手を入れております。
その為、町家の形式は変えておりませんので水廻りはお部屋には付いておりません。防音設備も十分ではありません。
現代の建物から比べると不便なところもあるかと思いますが、表屋造りの座敷で町家の住人のように過ごす豊かな空間をお楽しみください。

当主(花屋設計部 伊藤真二)